発毛と成長維持のために血行改善は欠かせない

普段の入浴も頭皮ケアの時間として扱えば、病院でのAGA治療の効果を高める上で、役立ちます。

発毛と成長維持のために血行改善は欠かせませんし、短時間にシャワーで済ませるよりは浴槽に浸かる時間を設けることで、代謝をより活発にすることができます。

例えば頭皮の血流が良くなるよう、入浴時にマッサージブラシなどで頭皮をほぐしてやるのもいいでしょう。

本来排出されるべき老廃物が体内に留まった状態だと、新陳代謝の低下を招きます。

それは体にもAGAにも良いはずがありません。

そういった状態を解消するにはデトックス(毒出し)を行い、体全体の代謝を回復させるという手があります。

効率的に体内の老廃物の排出を促進する方法は、とにかく汗を流すことです。

有酸素運動なら20分以上、サウナ、足湯、半身浴などを健康状態に合わせて行えば良いのです。

その際、意識的に水分補給するのを忘れないでください。

同じお金をかけるなら手っ取り早く効果が出るほうが良いけれども、植毛という行為には踏み切れずにいる人のためのAGA治療法というと外科的なメソセラピーが挙げられます。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言うと発毛や育毛に効く成分をレーザーや細い針などを用いて頭皮に注入していく方法です。

針を使用するほうが価格は安いですが、針なしの治療法も確立されており、希望によってこの2方式を組み合わせて施術することもあれば、もちろん投薬治療との同時進行も可能です。

現在のところAGA治療には保険が効きませんが、負担を軽減する方法として、確定申告の医療費控除という手があります。

医療費控除は医療費の年額が10万円を超えるときにできるもので、確定申告でその超過分を控除することができます。

確定申告していてAGA治療費を控除しないのは非常に勿体ない話です。

この医療費控除はAGAだけではなく、同じ世帯の一年間の医療費が全体として10万円を超える可能性は高いです。

それと町の薬局やドラッグストアで売られている胃腸薬や鼻炎薬といった薬も含めることができるので、レシートは捨てずに保管しておきましょう。

国内のAGA患者さんの総数は1260万人ほどとも言われています。

いまの日本で1億2000万人ほどの人口があるとして、約10パーセントもの人がAGAに起因する脱毛や薄毛の発症を経験しているといって間違いないでしょう。

ただその計算の中には赤ちゃんから学童も含みますし、少なくとも半分は女性です。

たとえば成人男性の比率で計算した場合、約4人ないし5人にひとりということになります。

医師の処方箋の要らない市販薬でもAGAの治療に使われる薬であるミノキシジルを配合したものがあります。

現状ではフィナステリド(DHT抑制剤)が配合されている薬は市販されておらず、医師の処方を必要とするのですが、もう少し歴史の古いミノキシジルを含有する製品なら大衆薬として市販されています。

日本で現在売られているのは大正製薬のリアップはミノキシジル1%を含みますが、第1類医薬品に分類されるため、薬剤師がいるところでなければ買うことができません。

AGAの検査も治療も保険適用外ですので、支払いは全額を自己負担しなければなりません。

免疫疾患などが原因の薄毛の治療と違い、AGAの治療はプチ整形や美容歯科などと同じカテゴリーに入っていて、治療することが生命や健康に必須とはいえないので、そこまでは公的な医療保険でカバーしていないのです。

治療にかかる負担を軽減したいのでしたら、たとえばプロペシアなら後発薬のファイザーを利用するとか、医療費控除として確定申告することが考えられます。

男性の進行性の脱毛症のことをAGA(男性型脱毛症)と言います。

一般に年齢が関係すると思われがちですが、実は思春期以降であれば発症し、おでこがだんだん広くなる感じで髪の毛が薄くなっていきます。

それと同時につむじのあたりも薄くなっていくのが普通です。

どういった条件でAGAが発症するのかは、以前から研究対象になっていましたが、全容の解明には程遠いです。

とはいえ、DHTという男性ホルモンを重要因子とする考え方は間違いではなく、今後さらに研究が進んでいくでしょう。

血行を促進することは、病院による治療の有無に関わらず、AGAの予防や緩和に重要な役割を果たします。

そのためにはまず体を冷やさないことが大事ですから、フットバスというのはなかなか効果が高いです。

家電量販店やホームセンターでも足湯桶や専用マシンが何種類も並んでいると思いますが、実は深めのバケツなどに足を浸すのでも構いません。

ただし、お湯が冷えるまでやってしまうと逆効果ですので注意してください。

いまAGAの治療法としてとられている方法は2つあります。

薬の服用や塗布するタイプの薬を使用する治療法と、頭の地肌に有効成分を注射して直接的に毛根に働きかけるといった医療的な施術を行うことです。

二つとも甲乙つけがたい治療法で、個人の頭皮や毛の質にもよりますし、その時々で選択する治療法は異なるのが普通です。

そういうわけで、専門医に自分に適した治療方法を幾つか挙げてもらい、理解したあとで更なる治療段階に進むのがAGA治療としては理想的です。