柔らかい肌にはしわってあまりできないのかもしれない

スキンケア真っ最中にふとした思いつきがありました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわってあまりできないのかもしれない、ということです。

目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかが目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれどちょっと前から炭酸パックを試していて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。

困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。

そもそもシミとは何なのかというと、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。

お肌のターンオーバーを正常化することでシミを薄くすることが期待できますが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、さらに効果がアップします。

ただし、過剰なピーリングを行うと、お肌に負担をかけるというリスクもあります。

若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲にちらほら見られるようになってしまいました。

原因はよくわかっていて、無防備な日焼けのせいです。

出産後、歩けるようになった子供と、ほとんど毎日、公園で遊んでいました。

子どもの身支度もするので、とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。

ポケットに入れてでも持っていくことにします。

アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てひっくり返りそうになったのです。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を思い知らされた気がしたのです。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。

どんなに疲れて帰宅しても洗顔をはじめ意地でもしっかり一通りのケアを終わらせて肌のためにできることをして、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。

パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

美白成分の他にも、保湿成分などを十分にしみこませたマスクでフェイスパックしたら、メラニンを作りにくい状態にし、肌に透明感を出してくれます。

つい日焼けした時にはとても効果的で、日が変わらないうちに、適切にケアを行えば、シミ予防に効果があります。

テレビに映る芸能人の肌は全くシミのない美しいものですよね。

そうはいっても、我々と同じヒトですので、実は、肌の調子が悪いこともあります。

むろん、人目に触れてなんぼの世界なので、我々とは比べられないほど、躍起になっているに違いありません。

芸能人のスキンケア法にヒントを得れば、肌のお手入れの質がぐんとアップするかもしれません。

肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっているということを、ご存知でしたでしょうか。

肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。

肌を見て血管が薄く透けて見えている人は、それだけ薄い方だと思っておいていいかもしれません。

なぜ皮膚が薄いことでシワができやすいという話になるのかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。

それで、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。

肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてください。

肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるという説もあります。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、女性の間で人気のアロマオイルがあるでしょう。

中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血行をよくしてくれるゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。

マッサージに活用してみてもよいでしょうし、スチームを利用する際に、何滴かをたらして利用してみてはいかがでしょうか。

ヨーグルトを食べると、乳酸菌はもちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。

乳酸菌はガスの発生を抑え、お肌を内側から健康に整えます。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める役割を果たしています。

加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする大事な作用があります。

このような作用を生かすことでお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミやくすみ減少に有効な食物です。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでシミのない美肌をつくリ出すために大きく役だってくれます。

食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。

紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べるのがおすすめです。