公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高い

日本での看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護師の職場といえば、病院と想像するのが一般的でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所では、保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の仕事です。それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、具体的には1月、6月がオススメです。看護職員の価値は市場では依然高いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、募集案件が多数紹介される頃まで待機すると無駄がないでしょう。看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、はじめにどのような労働条件を求めているかをリストアップするのがよいでしょう。日中だけの勤務がよい、休暇はしっかりとりたい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、望む職場環境は人それぞれです。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、負担になる労働環境で辛さに耐え続けることはありません。よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、ステップアップと説明するのが良策です。過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、マイナス要素をあげてしまうと、それだけで評価を下げることになりかねません。それがいくら事実であろうとストレートに伝えることはないですから、ポジティブな印象を与える応募動機を答えられるようにしておいてください。自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくありません。看護師としての腕を上げることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分に適した場所を探すことも大切でしょう。内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。修学旅行やツアーなどに随行して、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。既婚で子供のいる人は土日に休むことができたり、夜勤がないという職場を求めています。病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務で、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針によって決められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。勤め先の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつと考えられます。看護師の国家試験は、1年に1度行われます。看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を保ち続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健の指導などをしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワークで見つけようとするのは無理かもしれません。興味がある人は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。そういうサイトなら、産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。