浮気調査の依頼はいくらくらいのお金が必要?

浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。でも、探偵へ依頼すると高額なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵への浮気調査の依頼は、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所ごとにも価格はそれぞれ異なるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。GPS端末を使い、毎週のように行っている所を検索して、見張っていれば、いつかは来るはずですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。あまり予算が無い場合には、端末などで調べるのも、試してみたいやり方です。GPS装置がつけられていることが知られてしまう事があります。不倫に関する問題を相談するなら弁護士がいいでしょう。離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談しましょう。不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵事務所や興信所に相談してください。女性の場合、近所に住む奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にやってはいけません。実際の浮気調査では、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、本当に浮気なのかを調査員が1人で行う場合が多いです。浮気が確実なものとなったなら、再度考えて調査員の数などの詳細を決めていきます。浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、パートナーと不実を働いている相手を確定させるのです。成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損しないかと言うとそうとも言えないケースもままあります。普通、成功報酬と言えば不成功な結果となった場合、報酬支払いの義務がなくなるので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。だから、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って、利用しようとしている人もいます。探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。実費としては調査の際にかかった交通費とか写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用を算出します。調査にかかる期間が短くて済めば請求額も少額となります。もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査期間は短くなりますので、それだけ調査費用が節約できるわけです。だからといって、浮気の日時を特定できているなんていっても、顔見知りにいって証拠を撮ってきてもらうにしても、ほとんど駄目でしょう。知られずに証拠写真を手に入れるには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。どのような服装か確認することで浮気の事実を突き止めることができます。浮気をすることで、目に見えて出現してくるのは着る洋服の違いです。それまではお洒落には興味がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら注意が必要でしょう。いつか浮気しそうな人や、もう浮気の相手がいるかもしれません。不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は低くなるのです。また、不倫の相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。